【アイスコーヒー豆レビュー】コーヒーショップでコーヒー豆買ってもませんか?【暇つぶしに家コーヒー】

商品レビュー

毎度ありがとうございます。
ブロ副です!!

皆さんは暑い夏の日に冷たい飲み物は何をお飲みになりますか?

私は麦茶をよく飲みます。というか一年中飲んでます。

確かに夏に飲む麦茶は暑さと雰囲気で一層美味しく感じます。

私は夏特に飲むのがアイスコーヒーです。

暑い日に氷がゴロゴロ入ったグラスに冷えたコーヒーを入れて一気に飲み干すと乾いた喉に冷えたコーヒーが潤してくれます。ほんのりとした苦味と後味もすっきり口の中もさっぱりします。
また焙煎の仕方では甘いキャラメル味がふわっと香る時もあります。

お好みでミルクやシロップを入れることでさまざまな味が楽しめます。

コーヒーも年中飲んでいますが、冬と夏とでホットとアイスを飲み分けております。

今回はコーヒーショップのアイスコーヒーの豆のご紹介とアイスコーヒーの美味しい入れ方とグッズをご紹介いたします。

コーヒーショップのアイスコーヒー豆は美味しい!?

アイスコーヒーに最適なコーヒー豆とは

お好みによりますが、一般的にはアイスコーヒーに最適な豆はブラジル系多く配分されております。

コーヒー豆の焙煎も深煎りが一般的になっております。

コーヒー豆の粒度も中挽きが一般的になっております。

アイスコーヒーは基本的はアイスで強制冷却や水出しなどが多いので、味を濃ゆく雑味を少なくするために、ブラジルの豆・深煎り・中挽きとなっております。

自分なりのコーヒーを楽しみたい方は焙煎器やミルを買ってさまざまなバリエーションをお試しになるのもいいと思います。

コーヒーショップのアイスコーヒー豆はどうなっているの?

今回はスターバックス・タリーズ・ドトールともアイスコーヒー豆を用意しております。

どのコーヒーショップも特色があって同じアイスコーヒー用のコーヒー豆ではありますが、産地やローストもバラバラで個々のアイスコーヒーが楽しめるので、是非ともコーヒーショプでも買ってみてはいかがでしょうか?

スターバックス ライトノートブレンド

スタバのアイスコーヒー豆は酸味とコクがマイルドなので、アイスコーヒーで飲むときは水出しなどがおすすめです。

味自体もとても酸味が程よくさっぱりしたアイスコーヒーに仕上がります。風呂上りなどに飲むのがおすすめです。

値段は50gで1650円とちょっとお高めになっております。

タリーズ

タリーズのアイスコーヒー豆は苦みとコクが強く、コップに氷を入れてドリップでアイスコーヒーとして飲むのがおすすめです。

苦みとコクが強いアイスコーヒーではあるが、後味はスッキリとしてしつこい苦みもないので食事と一緒に楽しめるアイスコーヒーになっております。

値段は200gで1200円とお手頃価格になっております。

ドトール

ドトールのアイスコーヒー豆はフレンチローストですっきりしているので、コップに氷を入れてドリップでアイスコーヒーとして飲むのがおすすめです。

こちらもすっきりとした苦みと甘みと甘い香りがあるので、お菓子と一緒に飲むことをオススメします。

若干スターバックスやタリーズのコーヒー豆に比べて雑味がありますが、慣れれば悪くないです。

値段も最安値で200g980円と1000円なっておりますので、さすがドトールといった価格になっております。

アイスコーヒーを自分で作るは安い!?

自分で本格コーヒーが一杯98円以下で作れる!?

スターバックスは250gで1650円なので1杯20g使うとしたら、250g÷20g=12.5のため約12杯飲めることになります。

そのため1650円÷12杯=137.5となります。
1杯あたりので値段が137.5円とスターバックスのShortサイズ350円と比べると213.5円安く飲めます。

タリーズは200gで1200円なので1杯20g使うとしたら、200g÷20g=100のため約12杯飲めることになります。

そのため1200円÷10杯=120となります。
1杯あたりので値段が120円とスターバックスのShortサイズ345円と比べると225円安く飲めます。

ドトールは200gで980円なので1杯20g使うとしたら、200g÷20g=10のため約12杯飲めることになります。

そのため980円÷10杯=98となります。
1杯あたりので値段が98円とスターバックスのSサイズ250円と比べると152円安く飲めます。

ドトールのアイスコーヒー豆で自宅でアイスコーヒーを作るとなんと98円と市販の缶コーヒーと同じくらいの値段で飲めます。

また缶コーヒーとは比べ物ならないほどのおいしさなので、よりお得感が増します。

アイスコーヒーを家で楽しむためのグッズ!!

家でアイスコーヒーを飲みたい方に必須なグッズをご紹介いたします。

最低でもこの3つ買っておくとおいしいコーヒーを飲むことができます。

アイスコーヒーもホットコーヒーもドリップコーヒーでも飲むことはできます。

それ以外でもドリップポットが本格的にコーヒーをドリップすることができます。

電気ケトル・やかんなどは常備されているので、おすすめの電気ケトルをご紹介いたします。

コーヒードリップ(必須)

コーヒードリップこちらは言わずもがなですが、コーヒー豆でドリップする場合はコーヒーエキスを抽出するためには必須となっております。

コーヒードリップは1~2杯用などもありますが、大きめの1~4杯用を買うことをオススメします。

ホットコーヒーは10gのコーヒー豆から1杯は160ml が淹れることができます。

アイスコーヒーは20gのコーヒー豆から1杯180mlが淹れることができます。

(あくまで目安は個人のお好みになっております。)

そのため一般的なタンブラーは360~400ml入ることができます。

その場合は2~3杯分が必要となりますので、コーヒーが好きな方は大きめのコーヒードリップをご購入下さい。

フィルター(必須)

こちらもドリップコーヒーにコーヒー豆を入れる為には、フィルターが必要になります。

こちらもドリップコーヒーのサイズに合わせて同じものをお買い求め下さい。

コーヒーミル(必須)

こちらはコーヒー豆で買った場合はコーヒーを淹れるときにコーヒー豆を粉砕することで、おいしいコーヒーが楽しめます。

コーヒーミルも電動や手動の駆動方式から臼式やプロペラ式など砕き方などいろんなコーヒーミルがあります。

今回は手動の臼式のコーヒーミルをオススメします。

こちらは3000円前後で手軽にコーヒー豆を砕くにはコスパがいいのでまずはこちらを買うことをオススメします。

ドリップポット(急須もしくは計量カップでも可)

ドリップポットは必須ではないですが、コーヒーをドリップする時にゆっくり丁寧にお湯をすすぐことができるので、雑味が少なくおいしいコーヒーが淹れることが可能です。

代用品として急須や計量カップなども利用できますので、わざわざ買いたくない人は使ってお試しになってみてはいかがでしょうか?

電気ケトル・やかん

こちらはお湯を沸かすときに必要なので、念のために記載しております。

皆さんもお持ちだっとおもっておりますので、お持ちでない方は以前書いたドリップポットにもなる電気ケトルをオススメいたします。

詳細は電気ケトルの記事をお読みください。

簡単アイスコーヒーを作りたい方へ!!

アイスコーヒー用のポットを買うことで、含浸方法で水出しコーヒーが飲めるので、雑味や苦みが少ないコーヒーが飲めます。

値段も2000円いかなのでお手頃に買えます。

アイスコーヒー以外にもお茶やフルーツを入れることができるのでいろんな使い方ができるのでおすすめです。

急冷専用のポットもあるのでそれを使うと氷でドリップしたコーヒー冷却しないので、味が薄まらない為、ドリップコーヒーのそのままの味でアイスコーヒーを飲みたい方はおすすめです。

アイスコーヒーポットの使い方

  1. お好きなコーヒー豆を買う。(アイスコーヒー用の豆やブラジル系の豆がおすすめ)
  2. お好みの煎りにして、お好み粗さに挽いて下さい。(深い煎り、中挽きがおすすめ)
  3. 挽いたコーヒー豆を中央のポットに規定量を入れて、蓋を閉める。
  4. 規定量まで水を注いで、2~3回コーヒー豆を混ぜる。
    (かき混ぜすぎると苦みが増す分、雑味が出るのでご注意下さい。)
  5. 冷蔵庫で半日(6~8時間)くらい寝かせると完成

急冷専用アイスコーヒー用ポット

こちらはポットが3層構造になっており、外周の3層目と中央の1層目に水を入れて凍らせて2層目にドリップコーヒーしたホットコーヒーを入れることで数分でアイスコーヒーに変わります。

NHK まちかど情報室 おはよう日本で紹介【熱々コーヒーを1分でアイスコーヒーに】 淹れたてのアイスコーヒー お気に入りのコーヒー豆・コーヒーメーカー・ドリップ・コーヒー粉で使用可能 Hyperchiller ハイパーチラー 送料無料 アイスコーヒーメーカー ギフトにも

価格:4,980円
(2023/7/8 17:10時点)
感想(3件)

まとめ

  • どのコーヒーショップも深煎りでサッパリしたテイストになっている。
  • 家でコーヒーショプの味が手頃価格で飲める
  • ホットコーヒーの要領でドリップコーヒーするので、ドリップポット・フィルター・コーヒーミルは必須お手軽作りたい方はアイスコーヒー用のポットがおすすめ

いかがでしょう?

今回はコーヒーショップのアイスコーヒー用の豆とグッズを紹介いたしました。

お手軽にコーヒーショップの味が家でも楽しめますので、是非ともお試し下さい。

是非とも皆さんの家もなんちゃってコーヒーショップを開いてみませんか?

それではまた次回の記事をお楽しみ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました